麻酔

徹底的に痛みを取り除く当院の取り組み徹底的に痛みを取り除く当院の麻酔は、産婦人科領域に特化しています。

産婦人科は、痛みに弱く敏感な女性の患者さまを対象とした診療科目ですが、従来から痛みについて「少しくらい痛いのは当たり前」などのように、必ずしも充分な対策が取られてきませんでした。当院では、徹底的に痛みを取ることにこだわり、患者さまのご希望により採血検査の針の痛みも取るように致しました。

当院の麻酔の特長採血の針の痛みも取り除く繊細さで行う当院の麻酔は産婦人科領域に特化した高度専門麻酔です。得意な分野・領域に特化している強みがあります。

強み1 硬膜外麻酔、腰椎麻酔麻痺を残す可能性のあるリスクの高い薬を使わなくても高い無痛効果帝王切開後の痛みをなくす目的や無痛分娩のために行われる硬膜外麻酔(こうまくがいますい)は、細くて柔らかいカテーテルを腰に挿入していきますが、このときに従来から、お尻や足などに違和感や異常感覚(ピリピリ感など)、脱力感(力が入らないような感覚)などが残るリスクを持つ消毒薬を使用するケースが一般的でしたが、当院では研究を重ねた結果、リスクの高い消毒薬を使用しなくても消毒効果や麻酔効果はそのままに、安全に麻酔を行えるようになりました。

当院では安全性の高い消毒薬や薬剤のみを使用しています。帝王切開の手術中の麻酔のために行う腰椎麻酔(ようついますい)も腰から行う麻酔ですが、この時もリスクの高い薬剤は一切使いませんから安心です。

帝王切開の麻酔は、安全性を第一に考え、お子さまが出生するまではママの意識がある状態で過ごしてもらいますが、その後はご希望により眠って過ごしてもらうことができます。

日本有数の分娩数を誇る病院で無痛分娩を安全に行ってきた実績無痛分娩を行ってきた国内トップクラスの施行数があります。

ほかの医療機関で敬遠される初産の無痛分娩にも対応します。

強み2 全身麻酔

  • 手術中の痛みが全く無く、全身麻酔の場合は手術中の不快な記憶も全く残りません。
  • 無痛効果が高いのに手術が終了して数分以内には目が覚めるため、とても安心です。

強み3 局所麻酔比較的安全とされる局所麻酔ですが、使い方に熟達していないと命にかかわることもあります。当院では、患者さまの既往歴やアレルギー歴、家族歴など様々な情報を集めたうえで、局所麻酔薬や消毒薬の種類や量などを個別に決めていきます。

女性である患者さまへの細やかな配慮一般的に、産婦人科で局所麻酔を用いる場所は主に女性のデリケートゾーンです。患者さまである女性の不安感や恐怖感の強い場所でもあるため、当院では、局所麻酔に際して細心の注意を払い、患者さまが安心して施術を受けられるように配慮しています。

痛くない時期を狙って麻酔薬を注入麻酔薬を注入する針の痛みも決して無視できません。局所麻酔は主にお産のときに会陰切開をしたり自然裂傷が発生したりして縫合が必要になったときに使用されます。当院では、出産前後の一連の流れの中で、患者さまが痛みを最も感じにくくなっている時期を見極めて麻酔薬を注入していきます。

さらに、当院では通常よりも非常に細い針を使用しています。こうした工夫により、患者さまの感じる痛みはとても小さなものになります。採血の針の痛みに耐えられる患者さまなら全く心配ありません。麻酔薬を注入して5~10秒もすると痛みは完全に消えます。

麻酔薬の量が必要最小限で済む当院の局所麻酔局所麻酔薬にも副作用というリスクがあります。必要のない余分な量の麻酔薬の注入は副作用のリスクを高めてしまいます。当院では、通常よりも非常に細い針を使用していますので、麻酔を効かせたい範囲に対して、通常より少ない量の麻酔薬で効果的に麻酔を行うことができます。この結果、麻酔の無痛効果はそのままに、局所麻酔薬の量を従来の半分以下に減らすことができました。 

無痛分娩は、完全に痛みを取り除きますが、陣痛も弱くなるため、たいていの場合、陣痛促進剤も必要になります。

和痛分娩は、麻酔薬の量を少しだけ減らすため軽い生理痛くらいの痛みは残りますが、無痛分娩と比較すると、陣痛の強さをある程度維持できるため、陣痛促進剤が必要になる頻度が下がります。